乾燥肌対策ランキング > 乾燥肌の基礎知識 > 天然保湿因子(NMF)

天然保湿因子(NMF)

カテゴリ : 乾燥肌の基礎知識

天然保湿因子(NMF)について

お肌にの構造は一番表面に近い箇所から順に表皮、真皮、皮下組織となっています。
いわゆるお肌の乾燥やお肌の潤い、ツヤ、ハリなどに関係してくるのは表皮部分です。

表皮は角層、顆粒層、有棘層、基底層の4つの層からなっています。
そして、角層にはセラミドが代表する細胞間脂質と角層細胞があります。
その角層細胞の中にNMF(天然保湿因子)と呼ばれる、
アミノ酸、ミネラル、尿素、PCA-Na、ヒアルロン酸などが存在します。

天然保湿因子と細胞間脂質をサポートする

天然保湿因子や細胞間脂質はお肌の乾燥によって減少してしまったり、一時的に作られなくなってしまうことがあります。

特に皮脂を過剰に奪うことはお肌の水分蒸発を招くことになりますので、スキンケアによってお肌の中の水分を逃がさないようにケアしてあげることが大切です。

皮脂を過剰に落としたくないからといってお肌を洗わなかったり、洗顔やボディソープなどを使用しないのもおすすめできません。

お肌を清潔に保つこともスキンケアにおいて重要だからです。
そのため、皮脂を取り過ぎず潤いを残して洗い上げてくれるような洗顔やボディソープがオススメです。

洗顔やボディソープを選ぶ際には洗浄成分をよく確認し、アミノ酸系やベタイン系、グルコシド系などのマイルドな洗浄成分を使用しているものを選びましょう。それ以外の成分もお肌への負担の少ないような洗顔やボディソープがオススメです。


関連記事

乾燥肌対策ワード

乾燥肌対策に役立つ基礎知識

洗顔&ボディソープの口コミ・評判

保湿化粧品の口コミ・評判